世界を撃て

備忘録

#私を構成する9枚 前編

書くネタありましたね Twitterでこのタグが大いに流行ってましたね

このタグはその文字通り 自分の人格形成及び影響を与えたCDやレコードを列挙するものです

自分の過去の呟きに 今年の一月と昨年の一月に呟いたものがありましたが被ってるものそうでないものがありまして 今回ちゃんと選びなおして 9枚ちゃんと説明しようと思います

 

Twitterだと140字超えますし 140字超える便所の落書きはブログに書くのが一番いいと思うので

あと長くなりそうなので前編です

1.深海/Mr.Children

 

深海

深海

 

初めて好きになったグループは紛れもなくMr.Children(以下ミスチル)です 父親が昔から好きで小さい頃からカーステレオからずっとミスチルを流していました。

今もそうなんですけどミスチルのどこが好きなのって聞かれると答えられないんですよね

無いと死ぬけど ありがたみがわからない水みたいなもので 水だって何が好きだかわかんないけどあったら飲むし なきゃ困るし 

でもこの深海ってアルバムが明確に好きな理由はあります

それはストーリーがしっかり筋道を立てて進行していく様 それが重く重く深海に誘うように意識をこのアルバムで初めて知ったからです 

ミスチルには珍しく曲調も、もの凄く暗いが 名もなき詩、Mirrorなど明るい曲もあるんですけど一貫してこの世界は甘いもんじゃない しゃらくさいって吐き捨ててはいるんだど もがき苦しみ 深海に落ちても落ちても這い上がる いや這い上がって来いよって言われてる気がして 

小学生の時に初めて聞いたときは全然わからなかったが 中学時代に虐められたりしてた時に聴いて 救われて その先も辛いことがあれば毎回はじめっから飛ばさず聴いては涙するような一枚で

このアルバムは自分にアルバムをはじめから通して聴くって習慣をつけてくれた一枚でもあります

ミスチルには有名な曲やアルバムが沢山ありますが 個人的には深海だけでも聴いてほしいと思います

久しぶりに聞いたらシーラカンスで泣いちゃったw

 

2.イキルサイノウ/THE BACK HORN

 

イキルサイノウ

イキルサイノウ

 

 タイトル、ジャケットからヤバいでしょw

自分らと同じ世代ライブキッズからすると聖典的な一枚です。

この曲もさっきの深海と並ぶ暗いイメージのアルバムです。世界は絶望しかないそう、がなるように殺気立って歌うボーカル 狂ったように乱れる演奏に心を打たれた一枚

暗黒時代だった中学時代 さっきの深海と同じくらいリピートして聴いてたなぁ

ライブも数えられないほど行ったなぁ 心から愛してるバンドです

人類が誕生は終わりまでの始まりだったから って出だしで始まり 僕らは歩きだす 鮮やかな未来で終わるアルバム 破滅は創造の始まり そう感じざるを得ない

 

上の二枚は音楽好きを発症させるきっかけになるアルバムで自分の人格形成及び趣味嗜好に多大なる影響を与える作品です

 

3.HYBRID UNIVERSE/水樹奈々

 

HYBRID UNIVERSE(DVD付)

HYBRID UNIVERSE(DVD付)

 

 音楽の目覚めって暗黒時代の中学時代になるんですが この頃虐められすぎて精神的にイカレてきて家で籠ってラジオを聴くのが日課でした。実をいうと不登校気味で家で朝っぱらから部屋から出れず 当時部屋にパソコンもテレビも無かったので情報源はラジオだけで朝からラジオばっか聴いてました 

今もそうですが深夜ラジオってアニメ系かお笑い系しかないんですよね そこではまったのがアニメ系ラジオで 当時人気だった水樹奈々さんにどっぷりはまってたのですが

地元の古いレンタルビデオ店に唯一あったのがこのアルバムで借りてひたすら聴いてましたね WILD EYES(今でもパチスロで聴けたらテンション上がります)とかSUPER GENERATION、ETERNAL BLAZEとか有名曲ありますけど カップリングも結構名曲揃いで 初めてアニソンってその時聴いたのですが かっこいいなぁとか思いながら聴いてました

特に星空と月と花火の下が好きです 水樹奈々さんって本当に歌が上手いからこの曲が栄えるなと いろんな曲調があるんですが全部違う歌い方で 現在でも人気アーティストである彼女の本領はこの一枚からわかります 

この一枚からアニソンを聴き始めるきっかけになるため 構成する一枚になるかなと思いました

 

4.バトルアンドロマンス/ももいろクローバーZ

 

バトル アンド ロマンス

バトル アンド ロマンス

 

 アニソンを好きになった自分が出会ったのはヨスガノソラのエンディングになったももクロピンキージョーンズって楽曲で TVサイズのこの楽曲にビビッときてアルバム収録になって購入した一枚

そこまでAKB48楽曲くらいしか知らなかった僕には、衝撃的だった印象があります

そっからアニメ沼だけでなくアイドル沼にもはまっていくことになっていくのでした。

 

とりあえず前編書いたけど 暇だから書いただけで 

書いてる途中でオンラインゲームに誘われてしまったので

後編は後日書きます