世界を撃て

備忘録

好きなミュージックビデオを選びました

 MV(ミュージックビデオ)って楽曲にマッチしてるものや全然マッチしてないもの 摩訶不思議だったり 笑わせたり

その音楽に付随するものだが別作品

 Youtubeで個人的にMVを観たりするのが日課だったりするので 個人的に傑作だなと思うものを挙げてみます。

1.MUSIC VIDEO/岡崎体育


岡崎体育 『MUSIC VIDEO』Music Video

 このテーマで記事書くなら最初に挙げないとダメかなって思いまして

 ミュージックビデオあるあるを描く映像作品に曲が付随している主と従が入れ替わってる唯一無二の作品

 最近のミュージックビデオにありがちの演出をコミカルに描いてる事を皮肉ってるみたいな書き方をされることが多い作品だが

個人的には、感情のピクセルにおいてもこの曲も岡崎さんが音楽そのもの、または最近のJ-POPシーンを俯瞰で観てリスペクトしてるんだなって個人的には感じます。

 

2.冬の翼/スネオヘアー


冬の翼 / スネオヘアー

 がっつりと7分の短編アニメ作品にうっすらかかるスネ夫ヘアー 内容は観ていただければわかるけど歌詞に本当に引っかかってもいないんですが メロディーがこのアニメを際立たせる。

 内容はショッキングですが初見での衝撃で選びました。

 

3.RUN and RUN/lyrical school


RUN and RUN / lyrical school 【MV for Smartphone】

 公開当時話題になりまして、自分もこのMVを見て単純に凄いなって思いました。

ミュージックビデオの無限の可能性を感じた渾身の作品だと思います。

 皆さんもそうですがMVって短編映像作品ですし パソコンでがっつり観るってよりかはスマホで観る人が圧倒的多数で、観る人の媒体を利用した見せ方で驚きを与える表現方法に感動を受けたのを覚えています。

 

4.鼓動の秘密/東京女子流


東京女子流 / 鼓動の秘密

 このMVも公開当時凄いって思った作品で 正直この曲知る前はアイドル=可愛いものってイメージが否めなかったんですよね(当時、AKBやスパガ 毛色が違いますがももクロアイドリング!!!が好きでした)

 AKBもRIVERみたいなカッコいい曲あるんですけど やっぱり可愛いものがカッコいいものやってる感じで可愛いみたいな 表現が難しいのですが自分のアイドル観の範疇にあったのですが、この鼓動の秘密はむしろアーティステック、芸術作品の内在にアイドルが付帯している感覚がしてゾクゾクってしてきたんですよ

 イントロで鼓動が聞こえ始めると箱に明かりがついて黒い液体がドロッと流れ出して五人がパッと出てくる コマ送りしたメンバーのダンス 衣装もアイドルってよりかはお人形みたいな恰好でテキパキとメロディーのリズムに合わせてコマが変わるのもカッコいいんですよ

 最近だと欅坂46が世の中のアイドル観をぶち壊した楽曲やMVを出していますが 

 欅坂46のどこかアイドルしてないけどカッコいい アーティステックな一面が好きな方は多分このMVが嵌ると思います。

 

4.I My Me Mine/POLYSIC


Polysics - I My Me Mine (All Star Ver.)

 真ん中で踊ってるダンスが半端ないです 多くは語りません 凄い

曲もかなりイカれてますけど本当好きです

 

5.DADA/RADWIMPS

  最後は個人的は一番好きなミュージックビデオを挙げます

 このバンド自体はそこまで聴いてこなかったのですがこの曲のミュージックビデオが好きで、公開されたのが6年前なのですが定期的に見ては好きだなぁってリピートしてしまいます

曲自体は歌詞の情報量がとてつもなく多く 語感で選んでるんだろうなって歌詞なんですけどその歌詞を前面に押し出す もの凄く前衛的なミュージックビデオだなって思って当時は何が凄くて観てたのかが解らなかったのです

 ミュージックビデオの理想って本来その曲のプロモーションが目的でそこに芸術性だったり面白さだったり 様々な表現方法が使われている映像作品って認識なのですが このミュージックビデオは歌詞を前面に出すことでこの曲が持つリズムだったり売りだったりが端的に解る上に 映像作品として芸術的で面白いっていう私のミュージックビデオの理想に自分が出会った中で一番近かったから こんなに好きなのかなって思っています。

 

 最後に自分の音楽の趣味が偏っているので他にも傑作と言われるミュージックビデオは存在するんでしょうからもっといろいろ素敵なミュージックビデオに出会いたいなって思いました

 

 

 

 

2017.08.01 (火) LIVE*029『女子流学園祭2011東京』 復刻定期公演 東京女子流

お久しぶりです 最近、卒業論文の実験と期末テストのせいでアイドルオタク活動が疎かになってました どうもdoingです

 

今年の東京アイドルフェスティバルに出演するアイドルの中で個人的に一番衝撃を受けたグループが東京女子流でした

皆さんご存知の通り、2015年にアーティスト宣言をしてから全くアイドル関連のイベント参加やアイドル雑誌からも姿を消して

 

こう言っちゃ悪いですが過去のアイドルグループとして認識をしてたグループが運営が一新したことによりアーティスト宣言を事実上の撤回をし

今回、東京アイドルフェスティバルに4年ぶりに出演するとニュースとなり ひと昔前のアイドルファンとして2012年の武道館公演を観に行った私としては気になってはいたんですよね

 

鼓動の秘密ってアルバムは今でもめちゃくちゃ聴いてますし、今回その鼓動の秘密などが出た当時の公演の復刻版があると聞いてチケットを購入してしましました

 

当時の定期公演とは持ち曲が少ない女子流がエイベックスのアーティストの楽曲のカバーを中心に行っていたようで(勉強不足で最近まで知らなかったです)

予定も丁度空いていたのでいざ出陣

 

会場は渋谷のマウントレーニアホール

この会場はアイドリング!!!が定期公演渋はちライブを行っていた場所で数年ぶりに来ました

席は二階席の一番後ろの端っこ(キャパ300で殆どアスタライトしかいないんだから当然)

箱自体は小さいし元映画館なだけあって都内でもいい会場の一つではないでしょうか

セトリ自体は当時のセトリのまんまでした。

勿論その頃は5人でしたからフォーメーションとかも違うんでしょうけど

カバー曲も勿論良かったのですが おんなじキモチ→GIS→Limited addictionの流れは感動モノ

ダンスも歌声も並みのアイドルグループを超えているしホント素晴らしいグループだなぁって感心してしまいました

 

オリジナル楽曲の振りコピ完璧に出来てしまったのはやはり根っからのオタクだからでしょうか 本当最高だったなぁ

東京アイドルフェスティバルでもパフォーマンスするみたいなんで 当時ライブ観に行ってたアイドルオタクも 最近アイドルオタクになった人も是非今の東京女子流を感じてほしい

アーティスト宣言が失敗したから撤回してアイドルイベントに来るって行ってる奴らはマジで一回見てくれ

アーティスト宣言をしたからあのパフォーマンスが出来るんだぞってことは今の女子流を観たら絶対に考え方が変わる

 

このライブを観てまた武道館を満員にしてほしいって本当に思ったので自分もアスタライトに加入してぼちぼち応援していこうかなって思いました


東京女子流 / 鼓動の秘密

恋をするのはいけないことか? 僕の両手に飛び込めよ 

Twitterでも話題ですね 須藤凜々花結婚発表

底辺アイドルオタクの僕だけど物申したいわけですよ

個人的にはあの総選挙でのスピーチによる結婚発表は 正直冗談に感じた みんな思ったでしょw

アイドルってなんなんだろうね

 

私はアイドルは別に彼氏がいようがセフレがいようが毎晩遊んで豪遊してようが一向に構わないって考えでオタクをしているので 

推しがファンとの繋がりで脱退したり、アイドル辞めた後よくわかんない奴と結婚しようがプライベートですし どうぞご勝手にって思ってます

 

でも今回のはどうだろうか 

AKB48グループって一応恋愛禁止を公言しているグループ 仮に卒業して結婚するんであるなら契約違反の責任をとる潔い辞め方だと思うが

それでも総選挙のスピーチであの結婚発表ってファンと他のメンバーを愚弄してないですかね

結局指原の三連覇もNGTの躍進も隠れてるしね

もの凄く茶番感じがしてならない そもそもアイドルって存在が偶像だし茶番だ

スピーチを観てる感じだとなんか本心で話してる感じは個人的には感じなかったし 盛り上げるためのショーの一環なのではとすら感じだ

このまま須藤凜々花がNMB48を辞めるのか どうなのか知らないけど

自分はアイドルファンをやっているが所詮金づるくらいにしか運営側サイドは考えてないんだなあと思うよ

今回の総選挙そもそもイベント自体は雨天中止 

この時期の沖縄で野外でイベントって笑わせてくれるわw

ホントおもんない

いろいろ考えたよ もう勝手にしろ 

ホントアイドルファンって自分含めて馬鹿だよね 客をここまで舐め腐ってる業界他にはないよ

それにしても他のアイドルでは考えられないメンバーの口から結婚発表 

そして話題にさせるんだからまんまと乗せられてるんだよね

 

こんな事でいちいち話題になるようなアイドル業界じゃなくて 自由恋愛にしたら 本当に 禁止するからこういうことになるんです 

アイドルファンは本当に馬鹿だから推しが投票しろっていったら同じCD馬鹿みたいに買うし 全国ライブに握手会に飛び回ってくれる

何でかってアイドルに夢を見てるからだよ そりゃアイドルだって同じ人間 異性を好きになったり糞だってするだろうけど

それを見せないことで夢を切り売りするのがアイドルの仕事だ

だから隠れて彼氏作ろうが何しようが勝手だが

夢を壊さないでくれ ただそれだけだ

夢を買うために現実と戦ってる醜いオタクから夢を奪い去る行為だけはしないで欲しいと思う

自分はそう思っていましたが 最近のアイドル界隈は距離が近すぎてその感覚すら忘れさせてしまう

両者が距離が近すぎてしまった

もっと俯瞰した見方でアイドルに触れてみようと今回の騒動を見て思いました

 

冬枯れ花火/あぶらだこ 

お題「迷曲」

名曲であり迷曲であるならこのバンドのこの曲かなって思います

あぶらだこの楽曲が言っちゃ悪いが全部狂っているし歌詞もよく言えば難解 悪く言えば意味不明 演奏テクニックは素晴らしいがリズムも奇怪 ボーカルの声がホントに気持ち悪い歌い方 

100人がこのバンドの曲を聴いたら多分99人は二度と聴きたくないと耳を塞ぐのかなって思うのですが(実際自分も不快すぎて聴くに堪えなかった)

でも脳裏にねっとりとこびり付いた錆のような奇怪なメロディと不快な歌声

後日何度も動画を再生している自分がいて

とにかく一回聴いてみてくれ

とにかく狂っている

でも中毒になるいや猛毒だ


あぶらだこ - 冬枯れ花火

エビクラシー

 久しぶりに捨て曲が無い名盤に出会ったかも

エビクラシー

エビクラシー

 

 MVが先行でなないろと感情列車がyoutubeにあがっていて 両方とも良かったのでアルバムを購入

エビクラシーって言ってるくらいだから グループらしい曲が並んでいるイメージ

池田貴史たむらぱんは天才か

アイドルのアルバムは多種多様な音楽がミックスされてるのが印象的だが それを体現化してるようなアルバムのような気がします

エビ中の今までのアルバムはコミックソングばっかりのイメージでしたが 

「穴空」で多様な曲調を見せていくスタイルで自分の中ではももクロの「バトルアンドロマンス」を思い出させるくらいのものだったのですが

穴空

穴空

 

 この「エビクラシー」ってアルバムも「穴空」を経てより多様な音楽性を見せつけてきたなってイメージです

エビ中のライブって一度も行ったことがないんで行ってみたいなって思いました

 

日本ダービー予想

次の日曜は日本ダービーだね

三歳馬の祭典 有馬と並ぶビックイベント

自分は競艇派なので競馬は有馬とこの日本ダービー以外はやりません

 

んじゃ予想

自分のいつもの買い方は3連単5頭box買い 

1~3番人気の本命から2頭 3~8番くらい対抗から2頭 それ以外から穴を1頭選ぶ買い方 

boxで5頭の3連単の組み合わせ全部買うから3連単の正確な予想が出来なくても買えるし気に入った馬5頭選ぶだけで確率的にもガメったりあんましない買い方だからホント初心者おススメ

軸を決めて買うのをおススメするひとがいますが個人的にはどれを軸にするかくっそ迷うので無理ですね

 

ダイワギャグニー、ダンビュライト、アルアインは決めて他2頭だが ペルシアンナイト、レイデオロ、アドミラブル、サトノクロニクルで迷っています 

多分当日まで迷いたいのですが当日府中まで行く気しないのとネット購入はめんどいので金曜までに決めてウインズで購入してきます

 

個人的にはダンビュライトがおススメ 人気薄で武豊騎手騎乗、前哨戦の皐月賞でも12番人気から3番着で結構いいレースしてたのでありだと思います

軸とかで買うならこの馬はイイと思います

後はダイワギャグニー プリンシパルSって日本ダービーと同じ府中の2400mを二馬身差で勝ってますのいいのでないでしょうか(乃木坂46ファンはプリンシパルに弱い)

 

後は複勝でダンビュライトを4000円分買って一万円で勝負したいと思います

競馬は難しいな

購入しましたら馬券ともにブログ更新します

 

THE BACK HORNの世界

私はTHE BACK HORNというロックバンドが好きだ

いや好きとかいう次元は超えており、THE BACK HORNの音楽が無いと生きていけないまでになってるといっても過言では無い

私がこのバンドを好きになった理由とかは多分これから紹介するアルバム群をAmazonなりTSUTAYAレンタルなりしていただければご理解できるだろうと思うので割愛させていただきます

 

THE BACK HORNは四人組のロックバンドで激しい音楽にくっそ暗い歌詞だったりが特徴で歌詞自体は日本語が中心で歌詞を読んでると文学作品か?って思えるものが多い

そんなもん聴いていただかないとわかんないし よく音楽レビューで小難しい専門用語が書いてあって作品は大したことがないものばっかなんてザラなんで 早速アルバム紹介します

 

まずTHE BACK HORNを初めて聞くのであるならばこのアルバムを聴いてほしい

1.ヘッドフォンチルドレン

 

一曲目の「扉」を聴いていただければわかる このバンドの世界観 演奏形態 ボーカルの美しくも力強い歌声

そっから激しいロックナンバー「運命複雑骨折」、そしてライブ定番曲「コバルトブルー」、「夢の花」はしっとりバラード このバンドの特徴は激しい曲と美しいバラードです。

他にも「上海狂騒曲」のように歌詞がはちゃめちゃ 演奏はもはや狂気 ライブでは一番盛り上がります みんな大合唱よモッシュよリフトよw

キズナソング」「奇跡」を最後に持ってくる辺りもニクいね~ アルバムの最後にボーカルの透き通る歌声に美しい旋律

このバンドの名刺代わりの名盤だと思っています

外れが無いですし どれか一曲は嵌る曲があると思います。一曲一曲が強烈な個性を持っている 

アルバムとしてはストーリー性は無いですし これから挙げるアルバムに比べたらまとまりがない気もしますがこの一枚を聴いてこのバンドを好きになってもらえたら嬉しいです

 

2.パルス

パルス(初回限定盤)(DVD付)

パルス(初回限定盤)(DVD付)

 

 Amazonのページ飛べばわかりますが一曲目の「世界を撃て」このブログのタイトルになっています。イントロのギターソロ 熱い歌詞 

特に歌いだしの「突風が吹いて 葛藤が砕け散った 雑踏を抜けて戦場へ舞い戻ってきた それぞれの日々が戦う意味だ 逃げ出すほど弱くないさ 拳を握る」ってところが本当に好きで この曲は自分の生き様そのものだと思っていて全部の歌詞が生きる糧、教訓、指針になっているなって思うんですよ

このバンド最大のヒット曲「罠」が収録されているのがこのアルバムで 個人的な思い出としてこの「罠」をガンダム00のタイアップで知ってこのアルバムを買うのですが

出だしの「世界を撃て」で完全にこのバンドのファンになってしまいます。

そういう意味でもこのアルバムはとにかく熱い そして人生の後押しをしてくれるアルバムでおススメしたい一枚です

 

3.イキルサイノウ

イキルサイノウ

イキルサイノウ

 

 このアルバムはとにかく楽曲の高低差が激しい激しすぎる

THE BACK HORNのファンの中で断トツ一番人気のこのアルバムはこのバンドの特色が濃厚で混沌でグツグツ煮だったえげつなく出ているのかなと思う

楽曲のアッパーダウナーの中にも根底には人間の内情、グロさが暗く暗く映し出されており、前述した二枚を聴いてもしこのバンドに少しでも興味を持ってもらえたら是非このイキルサイノウを聴いてほしい

これを聴いたらこのバンドから抜け出せなくなるそんな一枚です

 

初めて聴くTHE BACK HORNとしてはこの三枚を強くおススメしたい この三枚聴いてなんか違うな~って思ったら他の作品も嵌らないので他のアーティスト聴いてください

もしこんな駄文でも興味持ってもらえてライブとか行ってみたいよって思ってもらえたら嬉しいです

私自身バンドのファンクラブ「銀河遊牧民」に加入して2か月に一度はライブに足を運ぶ自分でいうのもなんですが熱狂的ファンだと思っています。

是非一緒にライブ行きましょう 暴れましょう 音楽感じましょう

他にも沢山名盤がこのバンドには有ります。ツイッターとかコメントで聴いたよとか他のアルバムのおススメ教えてって言われたら教えます

 

最近のバンドでここまで感情表現豊かでしかも精力的に活動しているバンドも少ないと思うんですよ

来年はバンド結成20周年です

もっとこのバンドの魅力をお伝えしたいなと思い記事を書きました

本日は以上